【ランボルギーニ『ムルチエラーゴ』】フルタイム4WDが標準 | レスポンス(Response.jp)

【ランボルギーニ『ムルチエラーゴ』】フルタイム4WDが標準

自動車 ニューモデル 新型車

エンジンも大きく改良されている。基本的には『ディアブロ』と同じV型12気筒48バルプエンジンは、リアに縦方向にマウント。ピストンのストロークはディアブロ比2.8mm長い86.8mm、これにより排気量がディアブロから200cc増えて6.2リットルまで拡大した。

シリンダ内径は87mmのままで、ピストンストローク量とシリンダ内径がほとんど同じ長さになった。

パワーは7500rpmで、ディアブロより30ps高い580psを発生する。トルクは5400rpmで30Nmアップの650Nm。そのほかでは、可変吸気マニホールドや電子制御スロットルが採用されことがニュースだ。

こういったさまざまなアップグレードのおかげで、低速時でも快適な走りを約束し、トルクの発生も以前にくらべかなり安定している。残る大きな違いといったら、ドライサンプの潤滑システムだろう。これによって、オールアルミ製エンジンはディアブロに比べて50mmも低く搭載されている。

エンジンの冷却には、VACS(variable airflow cooling system)と呼ばれる新しいシステムを採用。ふたつのインレットがリアホイールのアーチ上部に設置され、ハイスピード時に自動的に開く仕組みになっている。しかも、なかなか効率よくエンジンを冷やしてくれるという。

ギアボックスは、6MT。これにフルタイム4WDが組み合わせられる。ディアブロとの大きな違いは、リアのデファレンシャルが上手くレイアウトされていて、エンジンを取り外さなくてもギアボックスを交換できるところだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品