「苦節14年…」メルセデスベンツ製トラック、ようやく大台突破 | レスポンス(Response.jp)

「苦節14年…」メルセデスベンツ製トラック、ようやく大台突破

自動車 ビジネス 企業動向

ダイムラークライスラー日本は、メルセデス・ベンツ製の大型トラックの国内販売累計台数が2000台を突破したと発表した。

メルセデスの大型トラックは、1987年に当時のメルセデス・ベンツ日本が輸入を開始、三菱ふそう店などで販売してきた。その後、三菱ふそう店での販売が低迷していたことから、これを打ち切り、1996年からは建設機械のコマツと販売契約を締結して販売を続けている。2000台を販売するのに14年かかった計算になる。

ダイムラークライスラーは日本の商用車市場でのシェア5%を目指しているが、現在のシェアは1%。三菱自動車工業がダイムラークライスラーグループ入りしたことから、再び三菱ふそう店で販売するとの噂もある。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品