【新型ホンダ『CR-V』】Dピラーのデザイン変更に隠されたこれだけの秘密 | レスポンス(Response.jp)

【新型ホンダ『CR-V』】Dピラーのデザイン変更に隠されたこれだけの秘密

自動車 ニューモデル 新型車

新型ホンダ『CR-V』のデザインは、フロントでは「暗いところも走るために」(という表現のために)大型となっているヘッドライトや、グリル形状などで先代のイメージをうまく踏襲しているが、リアはサイドまで連続していたウインドウグラフィックスが廃止された。

リアクォータービューのウインドウグラフィックスがDピラーで仕切られていて、多少イメージが変わっている。現在ではモデルチェンジする多くのクルマが、ホンダに限らずこのような変更をしているが、このDピラーの形状によりボディ剛性は格段に向上しているとのことだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品