【新型ホンダ『CR-V』】「変えないデザイン」が実は難しい | レスポンス(Response.jp)

【新型ホンダ『CR-V』】「変えないデザイン」が実は難しい

自動車 ニューモデル 新型車

いかにも「アンダーボディにキャビンが乗ってます」という印象だった初代とは異なり、新型『CR-V』はキャビンを含めたボディに一体感をもたせてある。

「シャープ&ソリッド」をテーマにしたそのスタイリングは若干ウェッジシェイプで、ボディサイドにある“パキ折れ”のキャラクターラインや、中央部が一段低くなっているボンネットは、いかにも2001年のホンダらしい。

本田技術研究所・和光研究所デザインAスタジオの本田親宏アシスタントチーフデザイナーによると、初代のイメージを壊さないようにしながらカタチの要素を取り入れる匙加減が難しかったという。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品