【新型ホンダ『CR-V』】グローバルカーになれた理由が「らしさ」 | レスポンス(Response.jp)

【新型ホンダ『CR-V』】グローバルカーになれた理由が「らしさ」

自動車 ニューモデル 新型車

先代『CR-V』は、95年の発売以来6年間で、ヨーロッパ、北米、アジアなど世界累計で100万台が生産され、『シビック』『アコード』と並ぶ「グローバルカー」へと成長したという。はじめは「グローバルカー」として世に出たわけではなかった先代『CR-V』はどうして、このような世界規模でのヒット作へと「化けた」のだろうか。

「それは『CR-V』が、あくまでも乗用車感覚をもったコンパクトSUVとして、当時としては世界で初めて登場したクルマだったからでしょう」と、新型『CR-V』の開発責任者、八郷隆弘さん(ホンダ技術研究所・栃木研究所LPL室チーフエンジニア)は分析する。

つまり、先代『CR-V』発売当時には、他のライト・クロカンといえば、大型クロカン4WDの廉価版とか、小型版というべき車種が多かったのに対し、先代『CR-V』は、「われわれとしては、あくまで乗用車として作ったクルマであり、あらゆる路面状況に対応できるように考えたら、こういうカタチになったにすぎない」(八郷さん)という違いがあったからだそうだ。

つまり先代『CR-V』は、そもそもの設計思想が「小さなクロカン4WD」ではなく、「あらゆる状況で走ることができる乗用車」であった点が画期的だった、ということになる。

「そうした“乗用車感覚で乗れる”点が、世界的に人気を呼んだ原因だと思います」と八郷さん。そのコンセプトは、当然のことながら新型においても設計思想の核となっているという。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品