【新型ホンダ『CR-V』】もっと「らしく」のモデルチェンジ | レスポンス(Response.jp)

【新型ホンダ『CR-V』】もっと「らしく」のモデルチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダは小型SUVの『CR-V』をフルモデルチェンジし、本日発表、20日からベルノ店で販売する。新型は、「乗用車の快適性」を重視した先代のコンセプトを深化する一方で、メカニズムは一新された。

プラットフォームはグローバル・コンパクト・プラットフォーム、エンジンは2.0リットルi-VTECというホンダの新世代パッケージ。4WD機構は、通常はFFで必要に応じて後輪にトルクを配分する「リアルタイム4WD」。

モデルレインジは、テールゲートにスペアタイヤを装着したアクティブ・イメージの「パフォーマ」と、ボディ同色バンパーなどを採用した都会的イメージの「フルマーク」にまず二分される。

パフォーマの駆動レイアウトは4WDのみ、トランスミッションは5MTと4ATから選べる。いっぽうフルマークは駆動がFFまたは4WD、トランスミッションは4ATのみとなっている。トリムグレードはそれぞれiGと上級のiLの2グレード、都合8仕様でレインジは構成される。

価格はパフォーマがiG/4WD/5MTの190万3000円からiL/4WD/4ATの214万8000円。フルマークはiG/FF/4ATの187万8000円からiL/4WD/4ATの219万8000円まで。最量販と予想されるフルマークiL/4WD/4ATは、先代の同スペック・同装備仕様と比べて約1万円安くなっている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品