【フランクフルトショー2001速報】ついに登場『ディアロゴス』市販版、ランチア『テシス』 | レスポンス(Response.jp)

【フランクフルトショー2001速報】ついに登場『ディアロゴス』市販版、ランチア『テシス』

自動車 ニューモデル モーターショー

98年のトリノ・ショーにランチアが出品したデザインスタディ・モデル、ディアロゴスが、市販車として登場した。このテシスはランチア最上級モデル、カッパの後継。エクステリアはディアロゴスのモチーフがふんだんに使われている。

エンジンは4バルブ2.4リットル直5と4バルブ3リットルV6。横置きFFだが、このボディサイズならフロントにすっぽり収まる。特徴あるフロントグリルとヘッドライト、優雅なルーフライン、3次元曲面のリアガラスなどは、ディアロゴスゆずりだ。全身から大人の雰囲気がただよう。

唯一、残念なのは、真横からながめたときのプロポーションだ。フロントドアのオープニングラインと前輪が近く、ヘッドライトとフェンダーアーチの間が離れているという、ちょっと古くさいFFのプロポーション。これで前輪があと10cm前にあったら、さぞかし美しいだろう。

しかし、スタイリングの美しさは抜群だ。レトロなのだが、そのモチーフはランチア自身がかつて持っていたものであり、オリジナルの味を現代によみがえらせるという正統派レトロ。歴史だけは、お金で買えない。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品