【フランクフルトショー2001出品車】5シーターのスーパーサルーンMG『ZT XPower385』 | レスポンス(Response.jp)

【フランクフルトショー2001出品車】5シーターのスーパーサルーンMG『ZT XPower385』

自動車 ニューモデル モーターショー

MGはフランクフルトショーにおいて、『ZT XPower500』のロード・ゴーイング・バージョンである『ZT XPower385』を発表する。2002年の夏に発売が予定されるこのモデルは4万ポンド(約700万円)未満で、60mph(約96km/h)まで5秒で加速し、最高175mph(約280km/h)という高性能を提供する。

522Nmのトルクを発生する4.6リットルのスーパーチャージャーつきV8エンジンは6速マニュアルトランスミッションと組み合わされ後輪を駆動し、100mph(約160km/h)まで11秒で加速する。260PSバージョンのMG『ZT 260』は一足早く、2002年の春には発売となる。

従来のV6モデルのZTに空力的なフォルムを加えたボディは、MGローバーグループのプロダクト・デザイン・ディレクターであるピーター・スティーブンスの下でスタイリングが行われた。空力を考慮され、風洞で磨かれたボディはリアスポイラーなどにより公道でのスピードとコーナリングの範囲において最小限のリフトに抑えられている。安定性に関しても70mph(約112km/h)での実験のほかに170mph(約272km/h)という「スーパーカースピード」でも確認されたという。

エクステリアでは大きな18インチのアルミホイールや大きく張り出したフェンダーとサイドシル、そしてバンパーやトランクスポイラーが大きな特徴。キセノンヘッドランプやドライビングランプ、メッシュグリルなどによりさらにスポーティなイメージになっている。

インテリアにはスポーティなハイバックスポーツシートが用意される。パネルはロジウム・シルバー仕上げ。エアコンやアラームシステムは標準装備。

フロントのストラット・サスペンションは『ZT190』と似たレイアウトでビルシュタイン製ダンパーと固められたスプリングとスタビライザーを採用。ブレーキはアルミ製4ポッドキャリパーと330mmのベンチレーテッド・ディスクの組み合せ。

リアサスペンションは『ハイドラトラック』トルク・コントロール・ディファレンシャルを含むチューブラー・キャリアを横方向3本、縦方向1本のリンクで吊っており、フロントとともに正確なフィールをドライバーに伝える。

MGローバーグループのプロダクト・ディベロップメント・ディレクターであるロブ・オルデイカーは「MG ZT XPower 385はスリリングでエキサイティングな公道体験を提供する。十分に実用的かつ、スーパーカーの性能を持った5シーターサルーンであり、ワゴンである」と語る。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品