トヨタ、車載情報サービスを来年開始---メモリーカードが使える | レスポンス(Response.jp)

トヨタ、車載情報サービスを来年開始---メモリーカードが使える

自動車 テクノロジー ITS

トヨタ自動車は7日、自動車向け情報ネットワークサービス『G-BOOK』を2002年中頃から開始すると発表した。車載用端末と通信装置を開発しドライバー向けに各種情報をリアルタイムで提供する。

同社が来年からスタートする自動車向け情報サービスはニュース、天気予報などの情報やカーナビ用地図、音楽、電子書籍などのダウンロード、電子メールなどのサービスを提供する。トヨタの会員向け情報提供サービス「GAZOO」(カズー)によるEコマースも利用できるようにする。

またメモリーカードを媒体として、トヨタがコンビニで展開しているマルチメディア情報端末「E-TOWER」や個人用パソコンなどからも情報をやり取りできるシステムとする。

車載器は視認性の高いタッチパネル式とするほか音声認識機能やデータ読み上げ機能を搭載する。またメモリーカードと通信機能を併用したナビゲーションシステムやメモリーカードによる音楽再生などの新機能も搭載する
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品