リンカーンのテレマティックスはモトローラを採用 | レスポンス(Response.jp)

リンカーンのテレマティックスはモトローラを採用

自動車 テクノロジー ITS

フォードとモトローラは、新しいリンカーン・ビークル・コミュニケーション・システム(VCS)の供給について合意、2002年モデルのリンカーンからモトローラ製のVCSが搭載されることになった。

VCSはモトローラのポータブルコンピュータ、タイムポートをドッキングシステムとして車内装備。音声認識、サテライトをベースとした道路案内、ロードサイドアシスタンス、緊急連絡、事故連絡などを行う。クレードルにドックされた状態で、システムはリンカーンの電子装置、オーディオシステムなどとコネクトし、ハンドフリーの電話、インターネットも利用できる。

VCSは2002年モデルからリンカーン『LS』、『タウンカー』、『コンチネンタル』などでオプション搭載が可能になる。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品