【CART第15戦決勝】熟年の意地を見せ、モレノがキャリア2勝目 | レスポンス(Response.jp)

【CART第15戦決勝】熟年の意地を見せ、モレノがキャリア2勝目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2001年CART「FedExチャンピオンシップ」シリーズの第15戦は、今シーズン2度目となるカナダでの開催で、ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーのコンコルド・パシフィック・プレイスで開催された。レースは全長1.781マイル(2.866km)の市街地特設コースを舞台に100周が予定されていたが、度重なるイエローコーションで進行が遅れ、98周に短縮されて行われた。

レースを引っ張ったのはチーム・プレイヤーズに所属するタグリアーニとカーペンティアのカナダ人コンビで、集まった6万5000人のファンを存分に湧かせたが、レース終盤に相次いで脱落。最初にチェッカードフラッグを受けたのは、ノーマーク(?)のロベルト・モレノだった。

モレノは7番手スタートながら、レース序盤から前を行くマシンを執拗に追い回しては1台ずつ確実に料理し、90周目にはバックストレートでフェランを鮮やかにパスしてトップに立った。42歳のモレノにとっては今シーズン初勝利、昨シーズンのクリーブランド戦以来、キャリア2勝目となる。

18番手からスタートした高木虎之介は、5周目にフランキッティ、41周目にディクソンと接触するなど、度重なるアクシデントに見舞われたが、ねばり強い走りを見せ、自己最高となる7位でフィニッシュした。24番手スタートの中野信治は、イエローコーションの際に拾ったタイヤかすのせいで余計なピットインを強いられて脱落。ポイント圏外の14位でフィニッシュしている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品