ミニバンの王者の座は守る、とクライスラー | レスポンス(Response.jp)

ミニバンの王者の座は守る、とクライスラー

自動車 ニューモデル 新型車

ミニバンの発明者であり、長くミニバンの分野では圧倒的なシェアを誇って来たクライスラー。しかしこのところ日本製のミニバンが高く評価され、その地位は揺らいでいる。クライスラーにとっては唯一、とも言えるトップ商品だけに、王者の座を明け渡さないための戦略が発表されている。

なんとクライスラーでは2002年モデルからミニバンのラインアップに4モデル追加。その名もクライスラー『ボイジャー eC』、ダッジ『キャラバンeC』、『タウンアンドカントリーeL』、ダッジ『グランドキャラバンeL』。

このうちボイジャーとキャラバンは従来のモデルの廉価バージョンで、ベース価格が1万6995ドル(約202万円)、とアメリカのミニバンの中で最も安い価格で販売される。タウンアンドカントリー、グランドキャラバンは従来のもののロングホイールバージョン。ユーザーからの要望の多かった搭載量の多いロングバージョンの投入で、人気ナンバーワンのグランドキャラバンがますます差を付ける。

「e」ファミリーはクルマを買うのにまずインターネットでリサーチするような顧客向けのお買得仕様といえる。3月にクライスラー『タウン&カントリーeX』、ダッジ『グランドキャラバンeX』が発売されて好評を得ている。2002年モデルは今年の秋から販売が始まる。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品