ブルガリ『レッタンゴロ』とアルファロメオ、ランチアの関係 | レスポンス(Response.jp)

ブルガリ『レッタンゴロ』とアルファロメオ、ランチアの関係

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ブルガリ『レッタンゴロ』とアルファロメオ、ランチアの関係
  • ブルガリ『レッタンゴロ』とアルファロメオ、ランチアの関係
オブラ』10月号 
税込み価格580円 発行:講談社 

『オブラ』10月号の「銘品の理由」、連載第5回は「ブルガリ曲線の魔術『レッタンゴロ』のルーツ」である。「機能的というより、むしろ感情的」というそのデザインのルーツを1930年代のインダストリアルデザインに探っている。

イタリア語で「長方形」を意味するレッタンゴロのフェイスは「1930年代にイタリアで造られたピアッジョのステンレス製レイルカーのデザインにもよく似ている」という。その他にもフィアット、アルファ・ロメオを例に挙げつつ「1937年にデザインされたランチアのレーシングモデル」などを写真で紹介している。
《》

おすすめの商品