稲垣吾郎は社会人として行動が短慮、という結論なんだけど | レスポンス(Response.jp)

稲垣吾郎は社会人として行動が短慮、という結論なんだけど

モータースポーツ/エンタメ 出版物

稲垣吾郎は社会人として行動が短慮、という結論なんだけど
  • 稲垣吾郎は社会人として行動が短慮、という結論なんだけど
週刊女性自身』9月11日号
税込み価格:320円 発行:光文社

「秋のジーンズ着こなし3大法則」/「いしだ壱成の次!親友タレント4人が怯える“いもづる”逮捕」/「浜崎あゆみ“隠す愛”に疲れて泣いた時も…」/「稲垣吾郎逮捕!大好きな渋谷、趣味のクルマでなぜ!」/「雅子さまの“手作りビーズ”完全レシピを初公開」……(目次より)

28日火曜日発売の『週刊女性自身』が、29日日曜日のコンサートの模様を加えた上で、24日夜に起こった稲垣吾郎・駐禁事件を掲載している。記事には現場や事件当日の渋谷署の写真入りで、締切りが中の誌面より早いはずの表紙にも見出しが踊っている。同日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は間に合わなかった模様。『週刊女性自身』編集部と印刷所など関連各部署の努力に敬意を表する。

内容は、ドライバーが稲垣だとはわからなかったという目撃談や、誰かを迎えに行くところだったのかも、という社会部記者の話、稲垣が執筆したエッセイ集から渋谷やクルマについてのくだりを引用している。
《》

おすすめの商品