稲垣吾郎、駐車禁止・傷害事件に今井亮一がコメント……「駐禁商法に目を向けて」 | レスポンス(Response.jp)

稲垣吾郎、駐車禁止・傷害事件に今井亮一がコメント……「駐禁商法に目を向けて」

自動車 社会 行政

人気タレントの稲垣吾郎が自分のクルマの駐車違反取締に抵抗、警官に怪我を負わせた。この事件について、小学館『ビッグコミック・スピリッツ』連載中の『駐禁ウォーズ!!』の原作も執筆する交通ジャーナリスト、今井亮一氏は次のようにコメントする。

  ………………

稲垣吾郎さんを逮捕した女性警察官たちは、違法駐車のレッカー移動をやっていたのだという。

駐禁レッカーは、まず、少しの間くらい路上駐車しても常識的に許されるような道路を一律に1分でも駐車禁止とし、常識的な善良なドライバーをも違反者としたうえで、そのごく一部をレッカー移動して違反キップを切り、そこから生じるカネをすべて警察の縄張りへ流し込む、という構造になっている。

道路交通法第51条第6項では、レッカー移動は交通の安全と円滑のため「必要な限度において」しかできないのだが、安全・円滑など眼中にない。まさに“駐禁商法”というほかない。逆らう者にはかなり強引に対応することがある。

今回の件は、そういう駐禁商法がたまたま人気タレントと接触し大騒ぎに発展した、ということではないのか。

報道を見ていると、そもそもの駐車違反はどういうものだったのか、取り締まる必要はあったのか、女性警察官の「5日間のケガ」は本当だったのか、そのあたりの検証がまったくないようだ。駐禁商法に目を向けず、事実の検証を抜きに、ただ稲垣さんに頭を下げさせて終わるのだとしたら、じつに愚かなことだと思う。
《高木啓》

関連ニュース

特集

おすすめの商品