スバルがスズキと設計レベルでの共用---竹中恭二・富士重社長談 | レスポンス(Response.jp)

スバルがスズキと設計レベルでの共用---竹中恭二・富士重社長談

自動車 ビジネス 企業動向

『トラヴィック』の発表会場で、富士重工の新社長に就任したばかりの竹中恭二氏は、記者の質問に答えて「(同じGMグループである)スズキと、設計レベルからの共同開発を行うことについて、すでに検討を始めている」と発言した。

スバルといえば、スバル『360』以来、スーパーチャージャーやCVTをいち早く採用するなど、軽自動車にも先進的・独創的な技術を注ぎ込んできたメーカーである。そのスバルが、「売れる軽を作ることがとにかく上手」なスズキが手を結び、共同開発をするとなると、果たしてどのようなクルマができるのだろうか。スバリズム(?)が薄まらなければいいのだけれど。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品