【CART第14戦決勝】高木虎之介、“川”に足をすくわれる | レスポンス(Response.jp)

【CART第14戦決勝】高木虎之介、“川”に足をすくわれる

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2001年CART「FedExチャンピオンシップ」シリーズの第14戦は、ウィスコンシン州エルクハート・レイクのロード・アメリカで開催された。全長4.048マイル(6.515km)の常設サーキットは、CARTシリーズ最長だ。

レースは55周の周回数が予定されていたが、度重なるイエローコーションのため、いわゆる「2時間ルール」が発動され、45周で打ち切り。しかも、この2時間はコースの一部を覆った水たまりを除去するための48分間の赤旗中断を除いた数字だ。

天候は回復していたものの、レース開始時はウェットだったため、ペースカーが4周目まで先導する形でスタート。不安定な路面コンディションがアクシデントを誘発した。高木虎之介も濡れた路面の餌食となったドライバーのひとりで、10周目、水たまりに足をすくわれスピンするとノーズをウォールにヒットさせて止まる。

このアクシデントを含め、45周のレースのうち21周がイエローコーションだった。混乱に乗じてトップに躍り出たのはルーキーのブルーノ・ジュンケイラで、CART初勝利。ロード・アメリカでは98年のフランキッティ、99年のフィッティパルディに続き、過去4年間で3人のドライバーが自身初優勝を記録することになった。

21番手からスタートした中野信治は終始、強烈なアンダーステアに苦しんだ。レース終盤には3位に入ったチームメイトのフェルナンデスの後ろ、4番手までポジションを上げたが41周目に燃料給油のためピットイン。15位でレースを終えている。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品