【ホンダF1ストーキング】ジョーダン、苦渋のドイツGP | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】ジョーダン、苦渋のドイツGP

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

BARとは対照的に悲惨な結果となったのがジョーダン・ホンダ。ハインツハラルド・フレンツェンの後任として出場したリカルド・ゾンタは気負いからか、アロウズのマシンに追突してフロントウィングを破損。すぐにノーズコーンを交換したものの、ダメージは大きく結局リタイア。

ヤルノ・トゥルーリはオリビエ・パニス(BARホンダ)との激しいバトルの末スピン、大幅に順位を落としたのち、ハイドロ系のトラブルのため34ラップでマシンを降りた。チーム代表のエディ・ジョーダンもこの結果にはがっかり。

「まったくの悲劇だ。最悪の週末を表現するのにこれ以上言うことはない。我々にできることはこの結果を忘れて、残りのシーズンに集中するだけ。幸い3週間の休みがあるし、その間に準備を整えることができるだろう。残り5戦で勢いを取り戻すために全力をつくすよ」とコメントした。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品