【CART第12戦決勝】フォードがトヨタを抜いて浮上 | レスポンス(Response.jp)

【CART第12戦決勝】フォードがトヨタを抜いて浮上

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2001年CART「FedExチャンピオンシップ」シリーズの第12戦は、イリノイ州シセロのシカゴ・モーター・スピードウェイで開催された。シカゴ近郊のショート・オーバル(全長1.657km)でCARTが開催されるのは今年で3年目。今シーズン最後のショート・オーバルでのレースとなる。

オーバーテイクが難しいと言われるショート・オーバルでのレースだったが、225周の周回のうち、リードチェンジは11回、合計9人のドライバーがトップに立つ、入れ替わりの激しいレース展開となった。最終的にトップに立ったのは8番手スタートのケニー・ブラックで、第6戦ミルウォーキー以来となる今シーズン3勝目。ブラックの勝利などが貢献し、マニュファクチャラーズ・チャンピオンシップではフォードがトヨタを抜いて2位に浮上した。

予選前のプラクティスで3番手、決勝前のウォームアップでトップタイムを記録するなど、随所に光る走りを見せた高木虎之介は予選18番手からスタート。一時は6番手までポジションを上げたが、最後は11位でフィニッシュした。また、15番手スタートの中野信治はレース終盤、4番手走行中にピットインを行おうとしたが、このときイエローコーションとなりピットがクローズ。予定した周回に燃料補給ができなくなり、ピットレーンで燃料切れを起こしてしまう。上位入賞のチャンスを逃した中野は16位でレースを終えた。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品