欧州のCO2排出量低減の最大の功労者は… | レスポンス(Response.jp)

欧州のCO2排出量低減の最大の功労者は…

エコカー 燃費

日本自動車工業会は、2000年の欧州で販売した乗用車のCO2排出量の平均値が183g/kmとなり、前年よりも2.4%削減したことを明らかにした。トヨタが欧州向けに『ヤリス』を投入、低燃費なことから大幅なCO2削減率を達成した。

これは欧州の環境自主規制で、2009年に自動車メーカー1社平均、140g/kmが目標とされており、着々と削減している。自工会では、03年の中間レビューである175g/kmの達成も確実としている。ちなみに日本メーカーは95年から2000年まで、一環してCO2排出量は減少している。

トヨタがPSAと1リットルクラスの小型車を共同生産するのもこの環境自主規制をクリアするためで、ホンダも近く低燃費の『フィット』を欧州市場に投入する予定。今後も低燃費競争は加速しそうだ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品