【F1イギリスGP決勝】ハッキネンは飛び続けるのだ | レスポンス(Response.jp)

【F1イギリスGP決勝】ハッキネンは飛び続けるのだ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

7月15日決勝を迎えた第11戦イギリスGPは、マクラーレンのミカ・ハッキネンが昨年8月ベルギーGP以来となる、今シーズン初勝利を挙げた。2位スタートとなったハッキネンは、圧倒的な速さで5周目にトップのミハエル・シューマッハを抜くと、どんどん後続との差を広げ、完璧なレース展開でチェッカーフラッグを受けた。引退説を自らの走りで一蹴、「フライング・フィン」の復活だった。

レース後「マシンが決まらなかった」とコメントしたミハエル・シューマッハ(フェラーリ)、デイビッド・クルサード(マクラーレン)がスタート直後の1コーナーでヤルノ・トゥルーリ(ジョーダン・ホンダ)と接触、リタイアしたこともあり、無理せず2位をキープした。3位にはルーベンス・バリケロ(フェラーリ)が入った。

シルバーストーンが地元となるジョーダン・ホンダ、予選ではトゥルーリが4番グリッド、ハインツハラルド・フレンツェンが5番グリッドと期待されたものの、結局フレンツェンは7位フィニッシュ。BARホンダのオリビエ・パニスはオープニングラップの1コーナーでチームメイトのジャック・ビルヌーブと接触してリタイア。コースに残ったビルヌーブもマシンにダメージを受け、タイムが上がらず8位に終わった。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品