【最速試乗セガ・クラブカート Vol. 3】ゲーム世代の「辛口」自動車評論家によるインプレッション | レスポンス(Response.jp)

【最速試乗セガ・クラブカート Vol. 3】ゲーム世代の「辛口」自動車評論家によるインプレッション

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

【最速試乗セガ・クラブカート Vol. 3】ゲーム世代の「辛口」自動車評論家によるインプレッション
  • 【最速試乗セガ・クラブカート Vol. 3】ゲーム世代の「辛口」自動車評論家によるインプレッション
  • 【最速試乗セガ・クラブカート Vol. 3】ゲーム世代の「辛口」自動車評論家によるインプレッション
  • 【最速試乗セガ・クラブカート Vol. 3】ゲーム世代の「辛口」自動車評論家によるインプレッション
全国のゲームセンターでプレイできる、セガ『クラブカート』〜ヨーロピアンセッション〜。モータースポーツ登竜門のレーシングカートが題材の最新のドライビングゲームである。オートアスキーは久々に期待できる素材ということで、6人のテストドライバーと契約し、リレー方式のテストインプレッションをお届けしている。

前回のサスペンションの神様に続く3人目のドライバーは、オートアスキーでもおなじみ、自動車ジャーナリスト河口まなぶ氏。河口氏は小さいころからゲームに親しんできた「ゲーム世代」。今回の取材に限らず、新しいドライブゲームはゲーマーのようにやりこみ、タイムを削り取るという。

「ステアリングが重い(笑)。ステアリングホイール自体の質量もありそう。僕なんかいつもパワステのクルマしか試乗しないからきつい。自動車評論家として軟弱だっていうのもあるけど、いまはパワステなしのクルマはほとんどないからね」

「それはともかく、このゲームほどラインどりが重要なゲームはない。コース覚えてラインどりがきちんとできるようにする。さらに縁石もうまく使う。単なる操縦だけじゃなく、サーキット攻略の比重がすごく高い。つまり、ただ漠然と右コーナーを右にハンドル切ってもダメ。もっと先のこと考えないと。クルマの姿勢を先のコーナーにあわせてつくっていく必要がある。実車では当然だけど」

「だから攻略法を見つけて整理したら、それに対して正確な操作が問われる。そこまで考えると、ステアリングが重いと感じたのはドライバーに問題がある。思ったとおりの操作ができないわけだから。各ゲームセンターでステアリングの反力は調節されているとのことだけど、質量はどうしようもない。マジでドライバーがトレーニングして解決するしかない」

そういいながら、何度も何度もコンテニューする河口氏。持病の腰痛は大丈夫なのだろうか…。
《》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品