マツダ大盤振る舞い---『プレマシー』を10万円値下げ | レスポンス(Response.jp)

マツダ大盤振る舞い---『プレマシー』を10万円値下げ

自動車 ニューモデル 新型車

マツダは、ミニバンの『プレマシー』をビッグマイナーチェンジし、2.0リットルエンジンを追加して4日から発売した。

マイナーチェンジでは、外観デザインは、バンパー、ヘッドランプ、リアコンビランプなどを変更した。インテリアでは、シートとドアトリム地を変更してリフレッシュした。ボディ各部で徹底した剛性アップを図り、きめ細かなサスペンションチューニングを実施した。また、安全性の向上では、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)の採用やISO-FIX対応のチャイルドシート固定機構を標準装備した。

ハイパワーかつ応答性を向上するために、2.0リットルDOHCエンジンが追加された。価格は159万8000〜214万8000円で、1.8リットルクラスは従来よりも10万円値下げである。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品