警察官も保身のためにはウソをつく--茨城のバイク少年事故死に疑惑 | レスポンス(Response.jp)

警察官も保身のためにはウソをつく--茨城のバイク少年事故死に疑惑

自動車 社会 社会

今月1日、茨城県つくば市の国道でバイクを運転していた16歳の少年が運転を誤り、道路脇の鉄柱に激突して死亡するという事故が起きたが、実はパトカーが追跡中に発生した事故である可能性が高いことが発覚した。

この少年の運転するバイクが信号無視やスピード違反を行っていたのを警ら中の茨城県警つくば北署のパトカーに発見、追跡を開始したが、当初は「バイクに振り切られたために見失った」と発表していた。

しかし、その後の目撃証言などから、実はバイクを見失ったはずのパトカーは再び少年を発見して追尾中であったことが発覚。茨城県警も後に誤りを認め、捜査員が証言を捏造したことを明らかにした。

捜査員によると、見失った直後に少年を再び発見。追尾を開始したが、対向車線を走行したために再び見失ったという。事故の瞬間は大型トラックで遮られており、見えなかったとしている。

茨城県警は2人の捜査員に対しての処分を検討を始めたという。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品