【熊野学の技術詳説】『フィット』---軽量小型エンジンならではのパッケージ | レスポンス(Response.jp)

【熊野学の技術詳説】『フィット』---軽量小型エンジンならではのパッケージ

自動車 ニューモデル 新型車

6月21日、ホンダはロゴに替わる新型スモールカーとして『フィット』を発表した。フィットは、日本市場とともに欧州市場も前提に開発され、新開発のプラットフォームに新開発のエンジンを搭載した新型車である。

フィットは、燃料タンクの車体中央配置に代表される数多くの工夫を凝らしたパッケージングが特徴だ。ここでは、そのパッケージングを可能にした新開発の1.3リットル・i-DSIエンジンを解説しよう。

フィットのエンジンは、新世代エンジン「iシリーズ」の第2弾だ。『ロゴ』の従来エンジンより軽量・コンパクトであり、かつ高出力・高トルクである。エンジンの前後長は118mmも短く、エンジン・ミッション幅は69mm狭く、重量は8%軽い。最高出力は20PSアップの86PS/5700rpm、最大トルクは0.8kgm向上の12.1kgm/2800rpmだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品