【CART第8戦 決勝】日本人ドライバー、もらい事故で涙を飲む | レスポンス(Response.jp)

【CART第8戦 決勝】日本人ドライバー、もらい事故で涙を飲む

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2001年CART「FedExチャンピオンシップ」シリーズの第8戦は、オレゴン州ポートランドに位置する1.969マイル(3.168km)のロードコースで開催された。好転に恵まれた前週のデトロイト戦から一転、決勝日のポートランドは気温10度、朝から小雨が振る悪コンディションのもとでレースが行われた。

レースはスタートから波乱続き。オープニングラップで3台がクラッシュするアクシデントを皮切りに、47周を終えるまでに9回のイエローコーションが発令される慌ただしい展開となった。度重なるイエローコーションで予定されていた98周を消化することができず、規定により2時間でレースは打ち切り。76周を消化して先頭でチェッカードフラッグを受けたのは、ポールポジションからスタートしたマックス・パピスだった。パピスは今季初優勝で、2000年の開幕戦以来となる通算2勝目をあげた。

日本人ドライバーにとっては不運続きのレースとなった。18番手からスタートした中野信治はスタート直後の1コーナーで追突を受けたせいでマシンのバランスが狂い、38周目にスピンした際にフロントサスペンションに致命的なダメージを与えたためリタイアした。もらい事故で涙を飲んだのは高木虎之介も同じ。6周目の接触でフロントサスペンションアームを曲げてしまった高木は、終始ハンドリングに苦戦。なんとか完走したものの、4周遅れの18位に終わった。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品