クライスラー、カーコリアン氏の裁判無効をアピール | レスポンス(Response.jp)

クライスラー、カーコリアン氏の裁判無効をアピール

自動車 社会 社会

投資家でダイムラークライスラーの大株主の一人であるカーク・カーコリアン氏がダイムラー・クライスラーに対して80億ドル(約1兆円)の損害賠償請求を行っていた。これは1998年のダイムラーベンツ、クライスラー合併の際、「対等合併である」と株主に思い込ませ、それにより株主をだまし、損害を与えた、という内容。

これに対しダイムラー・クライスラーでは「そのようなことを証明する物的証拠はないし、株主をだますような発言もしていない」と、事実無根としてこの訴えそのものを無効とするよう求める請願書を提出。

実はカーコリアン氏が訴えを起こしてから、ダイムラークライスラーはなぜかすぐに反論せずカーコリアン氏の腹心を経営者会議に参加させたりして疑いを晴らす方向に動いていた。しかしカーコリアン氏が訴えを取り下げないことから今回の行動に出たものと思われる。一方のカーコリアン氏は公聴会を開くよう求めており、この争いも激化しそう。
《Sachiko Hijikata, US editor》

関連ニュース

特集

おすすめの商品