【F1ヨーロッパGP速報】3強時代をリードしたのは! | レスポンス(Response.jp)

【F1ヨーロッパGP速報】3強時代をリードしたのは!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ドイツ、ニュルブルクリンクで開催された第9戦ヨーロッパGP。ヨーロッパ第2ラウンドの幕開けとなるこのレースは、地元が生んだ世界最速兄弟が2戦連続でフロントロウを独占した。

序盤は、第1コーナーを制したポールポジションスタートのミハエル・シューマッハ(フェラーリ)がリードしたが、徐々に激しい追い上げを見せる弟ラルフ(ウィリアムズ)が肉迫。28周目には2台が同時にピットインするなど、スリリングな展開を見せた。

しかし突然の落とし穴。ラルフがピットアウト時に合流地点のラインオーバーで10秒のペナルティを受けてしまう。結局3位を走行してしていたフアン・モントーヤが2位に上がり、トップのシューマッハを追い上げるがおよばず。シューマッハが今季5勝目を挙げた。

モントーヤも2度目の完走にして2度目の2位獲得。ピットストップ1回作戦をとったデビッド・クルサードが3位に入った。ラルフは結局4位。5位にルーベンス・バリケロ(フェラーリ)、6位ミカ・ハッキネン(マクラーレン)と入賞圏内はフェラーリ、ウィリアムズ、マクラーレンで占められ、新たな3強時代を象徴する結果となった。ホンダ勢では唯一完走したBARのジャック・ビルヌーブの9位が最高。次戦フランスGPは1週間後に行われる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品