【ホンダ『フィット』発進】スモールカー攻勢はまだ続く | レスポンス(Response.jp)

【ホンダ『フィット』発進】スモールカー攻勢はまだ続く

自動車 ニューモデル 新型車

21日に発表された『フィット』に続き、『キャパ』の後継モデル、新型軽自動車、新世代リッターカー、『HR-V』の一新と今年末から来夏にかけてホンダの新世代スモールカー攻勢がまだ相次ぐ。

フィットと「グローバル・スモール・プラットフォーム」を共用する3車と、軽自動車。小型車のエンジンは、フィットと同一のシリンダーブロックを採用したツインプラグ方式「i-DSI」である。今年12月までに登場が予想されるのはキャパの後継モデルと新型軽自動車だ。

キャパの後継モデルは現行より全長を60mm程度長く取り(約3835mm)、3列シート7人乗りで両側スライドドアを採用するといったユニークなコンセプトを採用する。「世界最小の3列シートミニバン」が売りだ。4気筒1.5リットル・ツインプラグエンジンを搭載する。プリモ店、ベルノ店での販売だったがこの後継モデルは全店扱いとなる。

新型軽自動車はピックアップタイプのマルチパーパスモデル。キャビンは2列シートのダブルキャブで後ろに小さな荷台がつく。昨秋行われた第34回東京モーターショー(商用車ショー)に参考出品したプロトタイプ『エメ・アッシュ』の市販バージョン。

■来春には2ボックスHBタイプのリッターモデルを投入する。3気筒1.0リットル・ツインプラグエンジンを積む。

■『HR-V』は2002年8月に一新される。従来コンセプトの延長線上での進化を目指す。1.5リットル・ツインプラグエンジンを搭載。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品