【三菱『パジェロ』に黄信号】「SUVは倒れやすい」と認識すべきなのか | レスポンス(Response.jp)

【三菱『パジェロ』に黄信号】「SUVは倒れやすい」と認識すべきなのか

自動車 社会 社会

【三菱『パジェロ』に黄信号】「SUVは倒れやすい」と認識すべきなのか
  • 【三菱『パジェロ』に黄信号】「SUVは倒れやすい」と認識すべきなのか
「NHTSA(道路交通安全局)は昨年から横転テストを実施しているが、2001年型の三菱『モンテロ』(日本名『パジェロ』)は、含まれていないから危険性が露呈していない」と、横転テストを実施した『コンシューマー・リポート』は指摘している。

ところが三菱側は「NHTSAのロールオーバーレイティングはテストの実施方法が不適切で、信頼に値しない。重心の低い乗用車ならともかく、重心の高いSUVには不利である」として、異議を唱えている。「重心の高いSUVはちょっとしたバランスで倒れやすく、乗用車と一緒の基準では正当評価ならず、SUVを基準とした独自テストを行わないかぎり、安全格付けには納得できない」として、テスト方法に難色を示したという経緯がある。

これは今、ファイアストン問題で渦中にいるフォードも同じ。『エクスプローラー』が横転しやすいと言われたとき、やはり同様の主張でテスト方法に難色を示し、「劣悪」というテスト結果を否定した過去も。

テスト問題に難点があるのはそれを実施しているNHTSAも深く認識しているようで、2002年11月を目標にSUV向けの新しいロールオーバーレイティングを実施すべく準備を進めているという。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品