【ホンダ『フィット』発進】CVTだけで10%燃費改善 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダ『フィット』発進】CVTだけで10%燃費改善

自動車 ニューモデル 新型車

『フィット』のトランスミッションは、「ホンダマルチマチックS」と呼ばれるベルト駆動式のCVT。これまで『シビック』や『ロゴ』に搭載されたものの改良型だ。このトランスミッションを開発するにあたって、もっとも重視したのは燃費だという。

アシスタントチーフエンジニアの長谷川隆氏(本田技術研究所・栃木研究所)によると、「従来のCVTを改良しても、目標とした燃費を達成できないことは明らかでしたので、一から新しく開発しました。基本レイアウトを変更し、オイルパンを廃止してATFの攪拌ロスを低減しました」

「その他の改善の結果、フィット全体での28%の燃費改善率(『ロゴ』比)のうち、10%をCVTで向上させることができました」とのことだ。

また、日本仕様ではMTの普及率が低いためCVTのみの設定だが、欧州仕様にはMTが用意されている。これについては、「まだまだMTの使用率が高い土地ですから」ということだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品