【三菱の新風『エアトレック』】『RPM7000』はどうした? | レスポンス(Response.jp)

【三菱の新風『エアトレック』】『RPM7000』はどうした?

自動車 ニューモデル 新型車

【三菱の新風『エアトレック』】『RPM7000』はどうした?
  • 【三菱の新風『エアトレック』】『RPM7000』はどうした?
  • 【三菱の新風『エアトレック』】『RPM7000』はどうした?
『エアトレック』は、今年1月のデトロイト・オートショーで発表されたモデル、『ASX』コンセプトを量産化したものだ。「アクティブ・スポーツ・クロスオーバー」の頭文字を取ったこのコンセプトモデルは、発表当時からスペックを明かし、量産化を明言してきた。しかし、デトロイトで同時に展示されていた『RPM7000』コンセプトはどうなったのだろうか?

乗用車デザイン室の関本隆次チーフデザイナーによると「アレはアレ。アメリカだったから派手なショーモデルを作ったんですよ」とのこと。あくまでRPM7000コンセプトはショーモデルだったということだ。しかし今までもショーモデルを商品化することが多かった三菱のこと、何か量産化に向けて動いているのでは? の問いに、関本チーフデザイナーは「10月の東京ショーを見てください」と意味あり気に笑っていた。

なおエアトレックは、乗用車派生クロスオーバーSUVの市場がいち早く成立した北米へは来年から輸出される。その次にはヨーロッパだが、詳細は未定とのこと。
《》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品