【ルマン2001ゴール】ベントレーが表彰台復帰「どう喜んでいいのかわからない」 | レスポンス(Response.jp)

【ルマン2001ゴール】ベントレーが表彰台復帰「どう喜んでいいのかわからない」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アウディは世界でもっとも過酷といわれるレースを2年連続で制した。土砂降りの雨でもアウディ『R8』はその性能を発揮し、ルマン24時間耐久レースで1-2フィニッシュを飾った(17日)。この勝利は去年以上の価値があると言っても過言ではない。

まるでパワーボートのレースを見ているような激しい雨のなかの争いは、特にドライバーに負担がかかった。ルマンの長いストレートをハーフスロットルで我慢しなくてはならなかったからだ。しかしアウディR8は雨の中でも大きなトラブルもなく走りきった。トム・クリステンセン、フランク・ビエラ、エマニエル・ピッロ、3人の優勝ドライバーは「今までのレースの中で最も過酷」と口をそろえた。

この過酷な24時間を走りきり、ベントレーは表彰台に帰ってきた。アウディ2台の後を受けアンディ・ウォレスのドライブするベントレー『EXPスピード8』が意気揚揚とゴールラインを通過したのだ。ウォレスは「どう喜んでいいのかわからない。忘れられないルマンになった。最高だ」と語る。この言葉はベントレー関係者全員の気持ちを代弁しているにちがいない。

夜になっても雨が降り続くという難しい状況のなか、オリビエ・ベレッタ、カール・ベンドリンガー、ペドロ・らミーのドライブするクライスラー『LMP』は4位でフィニッシュした。4位というのは、クライスラー・グループのワークス車の成績としては1928年以来の最高位だ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品