【誕生・新型日産『スカイライン』】上質な空間を未来感覚で演出するナビ | レスポンス(Response.jp)

【誕生・新型日産『スカイライン』】上質な空間を未来感覚で演出するナビ

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

2001年6月18日に発表されたスカイラインのナビ用6.5型モニターは、使わないときにはコンソールにすっきりと収納できる垂直スライドタイプ。しかも前後13度チルトすることができ、ドライバーが見やすい角度に調整することができる。

ナビは、大容量を誇るDVDナビを採用。ナビが初めての人、機械の操作が苦手な人にぴったりの簡単メニューを採用するなどインターフェイスに優れたナビだ。モニター下にあるジョイスティックや大きなスイッチで、操作性も優れている。情報としては、燃費情報などの車両情報も表示できる。また、VICSは、FM/VICSが標準、ビーコンVICSはオプション設定となる。

ETC(有料道路自動収受)ユニットが、TV/ナビシステムとセットオプションで用意される。ETCカードスロットルはグローブボックス内に、アンテナもインパネ上にきれいに収納される。

その他のオプションは見通しの悪い交差点等で確認できるフロントサイドビューや、バックモニターなども用意されている。なお、250GTeには、DVDナビは用意されず、最近日産が各車に用意したJ-NAVIが用意されている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品