【誕生・新型日産『スカイライン』】『XVL』から『スカイライン』へ | レスポンス(Response.jp)

【誕生・新型日産『スカイライン』】『XVL』から『スカイライン』へ

自動車 ニューモデル 新型車

新型『スカイライン』のコンセプトは、99年の東京モーターショーで公開されたコンセプトカー『XVL』によって初めて明らかにされた。第一プロダクトデザイン部の渡邊誠二デザイナーによると、XVLは既存車種にとらわれることなく自由な発想で開発が進められてきたが、「21世紀のプレミアムスポーツセダン」というスカイラインのコンセプトと重なる部分が多かった。そんな経緯から、XVLコンセプトを商品化するにあたって新型スカイラインとしたことは自然な流れだったという。

デザイン全般を担当したの石水卓技術主担(第一プロダクトデザイン部)によると、日産のプレミアムセダンとは「所有する喜び、上質感の提供」だという。新型スカイラインでは、豊かで上質な面の構成と高級感ある室内の造り込みにより、そのプレミアム性を表現、近年のスカイラインが失いつつあった「ヒューマンタッチ」「ぬくもり」を取り戻した。

「今までウチが苦手にしてきたタイヤとキャビンの力関係などもうまく表現できたと思っています」。ホイールベースを長く取り、ボディの四隅にタイヤを配置した“FM(フロントミッドシップ)パッケージ”を採用した新型スカイラインは、長いリアオーバーハングなどいままでのスカイラインのスタイルだったの固定観念を取り払ったことにより、デザインの面でも走りの面でもFRをより進化させることができたようだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品