【誕生・新型日産『スカイライン』】V型エンジン採用で燃費大幅アップか?! | レスポンス(Response.jp)

【誕生・新型日産『スカイライン』】V型エンジン採用で燃費大幅アップか?!

エコカー 燃費

2.5リットル、3.0リットルともに直噴エンジンとなった新型『スカイライン』。10・15モード燃費は、2.5リットルが12.0km/リットル、3.0リットルが11.6km/リットルと発表された。これは、先代の4ドア2.5リットルAT車(ER34)の10.6km/リットルより2.4km/リットルの向上となっている(3.0リットル車の設定なし)。

「直噴の採用や、ATのロックアップ領域の拡大が燃費に貢献しています。そのほか、車両の軽量化、空力性能の向上もいい影響を与えています」と語るのは、パワートレイン事業本部エンジン製品開発部エンジン製品開発グループ主査の龍田浩氏。

ちなみに先代スカイラインの5月度のe燃費データを見てみると、2.5リットルAT車(ER34)のデータで7.7km/リットルだが、新型と同系統のエンジンを積み、車両重量も近い『セフィーロ』の2.5リットルAT車(PA33)が、8.9km/リットルとなっている。よって新型はこれに近い数値が出ることはほぼ間違いなく、大幅な改善となるだろう。

しかし、低排出ガス認定(★印)がひとつも付かないことについては、「走りの部分を重視したクルマですので、最高に環境コンシャスなクルマ、とは言えませんが」と前置きした上で、「今後改良していくべき点だと認識しています」と歯切れが悪い。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品