【誕生・新型日産『スカイライン』】11代目の決断、一路メジャーへ!! | レスポンス(Response.jp)

【誕生・新型日産『スカイライン』】11代目の決断、一路メジャーへ!!

自動車 ニューモデル 新型車

11代目となるスカイラインは、車両のレイアウトやデザインでいままでのイメージを一新した。そして、理想のスポーツセダンを徹底的に追求することによって得た自信を裏づけるように、販売市場も国内から世界へと拡大する。ゴーン社長はスピーチで、「2002年、北米市場にインフィニティ・チャンネル『G35』として投入する」と語った。

欧州に関しては、現在の景気や日産ブランドのポジションを考慮し、検討中とのこと。だが、英国で生産されているプリメーラの上のサルーンとして、近いうちに投入が決定されてもおかしくはない。そうなれば、BMW 3シリーズやメルセデスベンツCクラスといった、本家グローバルスポーツセダンのホームマーケットで戦いを挑むことになる。

現在、北米インフィニティにおけるセダンのラインナップは、上から『Q45』(日本市場の『シーマ』)、『I35』(同『セフィーロ』)、『G20』(同『プリメーラ』)となっている。G35は、I35とG20のあいだを埋める車種となる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品