【誕生・新型日産『スカイライン』】ドライビングを快適にするアメニティ | レスポンス(Response.jp)

【誕生・新型日産『スカイライン』】ドライビングを快適にするアメニティ

自動車 ニューモデル 新型車

新型『スカイライン』のステアリングは、旧型より2割近く軽量化された太型本皮革巻き。メーターパネルはチルトステアリングと連動して上下し、ドライバーの体格によらず良好な視認性を確保。そのメーターパネルに配されるのは、自発光式のファインビジョンメーターだ。

エアコンはドライバー、ナビゲーター向けそれぞれに温度調節が可能な、左右独立温調式フルオートエアコン。3リットルモデルにはセンターコンソール後方に後席用吹き出し口も装備。高機能化だけでなく、エアコンユニットそのものも、室内の湿度管理性能の高いもの。またコンプレッサーの作動も電子制御化され、エアコン使用時の燃費低下を最小限に抑える。

ロングドライブには欠かせないオーディオシステムも、高品位サウンド志向だ。3リットルには車内の音響特性にマッチさせた専用のBOSEサウンドシステムがおごられる。フロント6.5インチ、リア5.25インチという大径スピーカーに加え、リアのパーセルシェルフにサブウーハー、左右フロントピラーにツイーターを配する7ウェイサウンドシステムだ。2.5リットルモデルには6連奏CDチェンジャー付きカセットステレオが装備される。なお、センターコンソールにDVDカーナビゲーションシステムを装着することもできる。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品