【誕生・新型日産『スカイライン』】333万円、プレミアムセダン | レスポンス(Response.jp)

【誕生・新型日産『スカイライン』】333万円、プレミアムセダン

自動車 ニューモデル 新型車

新型『スカイライン』の報道発表会は18日、東京渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行なわれた。見た目、一新されたスカイラインに、報道陣は戸惑いをかくせない。ゴーン社長以下、開発陣の熱いプレゼンテーションが続いた。

ラインナップは基本7仕様。駆動レイアウトはすべて後輪駆動の2WD。3.0リットルV6+5ATの「300GT」、2.5リットルV6+4ATの「250GT」「250GTe」に大別される。「300GT」「250GT」にはそれぞれ「Pコレクション」「Sコレクション」が設定されている。

価格は250GTeの265万円から300GT Pコレクション、同Sコレクションの333万円まで。PコレクションとSコレクションは装備の種類の違いで価格は同じ。排気量が増えたこともあるが、従来より若干高くなっている。「もともとスカイラインはプレミアムセダンでしたから」と説明するのはデザイン本部長の中村史郎氏。TVCFにも登場している人物だ。

月販目標は2000台、多いと見るか少ないと見るか。旧型がセダン、クーペ合わせて1000台前後だったから、そこからすれば冒険であり、ゴーン社長いうところの「自信」である。取扱いはレッドステージ各店、発表展示会は23日、24日。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品