【『エスティマ・ハイブリッド』登場!】なぜエスティマか、なぜハイブリッドか | レスポンス(Response.jp)

【『エスティマ・ハイブリッド』登場!】なぜエスティマか、なぜハイブリッドか

自動車 ニューモデル 新型車

『エスティマ』にハイブリッド駆動THS-Cが追加された。しかしトヨタにはすでに『プリウス』があり、秋には『クラウン・ハイブリッド』の登場も予告されている。そしてそれぞれ異なるシステムなのだ。

どう違うのか。開発責任者の松橋繁・主査は、「内燃機関で発生したエネルギーをなるべく電気変換しないことを心がけました」という。「変換するたびにエネルギーロスが生じますから。エスティマ・ハイブリッドは内燃機関駆動が基本です」。電気モーターは加減速時の補助をするのだ。

またTHS-Cは中・大型車向けのハイブリッドシステムなのだという。市販車のどれに適用するか考えたとき、トヨタ・ラインナップの中でエスティマが候補に上がった。つまりプリウス、エスティマ、クラウンと、それぞれクルマの用途にあったシステムを検討しているわけだ。

「E-Fourによってミニバンの弱点とされる走行安定性や燃費が向上されるのも、エスティマでこのシステムを採用した理由です。同時にミニバンでは4WDを指向するユーザーが多いのも理由ですね。さらにエスティマの先進的なデザインイメージに、このメカニズムはふさわしいと思いますよ」
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品