F1シーズン折り返しで故障者続出 | レスポンス(Response.jp)

F1シーズン折り返しで故障者続出

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

現在8戦が終了し、シーズンも折り返し地点に突入というところで、ドライバーのなかには肉体的にトラブルをかかえる人が急増している。カナダGPを欠場したハインツハラルド・フレンツェンに続き、ジャガーのエディ・アーバイン、ザウバーのニック・ハイドフェルドらが体の不調を訴え、急きょテストをキャンセルした。

モナコでジャガーの初表彰台をもたらす力走を見せたアーバインだが、そのころから持病の首痛が悪化、カナダGPの2周目でハイドフェルドと接触したことでさらに悪化したよう。シルバーストーンテストには参加したものの、インストレーションラップで首に激痛を感じマシンを降りた。ジャガーからF3に参戦中の若手アンドレ・ロタラーが急ぎ後を引き継いだ。

ハイドフェルドもテスト開始後に頭痛を訴え、わずか4ラップでテストを終えた。ハイドフェルドは大事をとってドイツに帰国、検査を受けることになった。病状が心配されるところだが、いずれも本人たちはヨーロッパGP出場は問題ないと語っている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品