これぞ本当の純国産スポーツカー!! 凄まじいスペックの独自エンジンを開発 | レスポンス(Response.jp)

これぞ本当の純国産スポーツカー!! 凄まじいスペックの独自エンジンを開発

自動車 ニューモデル 新型車

これぞ本当の純国産スポーツカー!! 凄まじいスペックの独自エンジンを開発
  • これぞ本当の純国産スポーツカー!! 凄まじいスペックの独自エンジンを開発
  • これぞ本当の純国産スポーツカー!! 凄まじいスペックの独自エンジンを開発
山形県に本拠を持つワイ・ジー・ケーは、東海大学の林義正教授と共同で、同社が送り出す純国産のクラブスポーツカー『2001』に搭載されるエンジンを開発。その1号機が完成したことが12日、明らかにされた。

このエンジンは「YR40」と呼ばれるもので、排気量4.0リットルのV8エンジン。最高出力はなんと600馬力で、40万kmの走行距離に耐えられるという。一般公道での走行を目的としたクラブスポーツカー2001に搭載されるもので、シャシーはイギリスで現在開発が進められており、早ければ今年末にはテスト走行が可能になるという。

同社は1996年末から「山形県から県内産のものすごいスポーツカーを送り出そう」を合言葉に開発を始め、アルファロメオ『156』や、フェラーリ『F355』などでレースに参戦し、走行データの集積を行っていく。また、東海大学の林教授の協力を得て、産学協同という形で独自エンジンの開発を進めていた。

2001年末までにクルマを完成させ、2002年のデイトナやルマンに参戦させる方針で、最終的には市販も視野に入れているという。価格は億単位になるようなので、そう簡単に手が届くものではないが、クルマ好きなら聞いているだけでワクワクしてくるプロジェクトだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品