リフトアップするならミラーを付けろ!! 国土交通省が法改正 | レスポンス(Response.jp)

リフトアップするならミラーを付けろ!! 国土交通省が法改正

自動車 社会 社会

リフトアップするならミラーを付けろ!! 国土交通省が法改正
  • リフトアップするならミラーを付けろ!! 国土交通省が法改正
国土交通省は6日、車高を大幅に上げる「リフトアップ改造」を行ったRV車に対し、トラックなどですでに基準化されている「運転席視界確保基準」を導入する方針を明らかにした。年度内に法改正が実施され、今後は乗用車を含む全ての車種が対象となる。

運転席視界確保基準は、車両の直前と左側面に接する高さ1m、直径30cmの支柱が運転席から確認できることを定めたもので、車高が高く、助手席側の下方視界が良好でない大型トラックについては、全てのクルマについて補助ミラーの設置が義務付けられている。しかし、乗用車ではこの基準を容易にクリアできることから、これまで導入はされていなかった。

しかし、これまでは乗用車扱いだったRV車の車高をかさ上げ(リフトアップ)するという改造が多くなり、下方視界が無いために生じた死亡事故も頻発してきたことから、国土交通省が導入を検討していた。基準導入後は全てのクルマで下方視界が求められ、クリアできない場合には補助ミラーの設置が義務付けられる。

トラックはショートノーズ化と、助手席に下方視界を確保する小窓を設置すること基準をようやくクリアしたという経緯がある。たとえミラーを設置したとしても、ロングノーズなRV車がこの基準をクリアするのは相当に難しく、事実上の改造禁止令と言えそうだ。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品