『センチュリー』なんか目じゃない? ベントレーの特別仕様車国内デビュー | レスポンス(Response.jp)

『センチュリー』なんか目じゃない? ベントレーの特別仕様車国内デビュー

自動車 ニューモデル 新型車

コーンズアンドカンパニーリミテッドは、ベントレーの『アルナージ・レッドレーベル・ルマンシリーズ・リミテッドエディション』と『アルナージ・レッドレーベル・ロングホイールベース』を日本で販売開始すると発表した。

ルマンシリーズ・リミテッドエディションは、ベントレーがルマン24時間耐久レースに復帰するのを記念して開発された。メーターパネルはレーシンググリーンとし、スピードメーターとタコメーターにリミテッドエディションのバッジを飾り、シフトレバーは本革巻きにした。外装では、18インチのルマンシリーズ専用5本スポーク・スポーツホイール、クローム仕上げの4本出しエキゾーストパイプなどを装備した。

ロングホイールベースは、250mmボディを延長、前後のドアも延長してリアシートを広い空間にした。ロングホイールベース化したのに伴って車重が増したため、サスペンション、ステアリング、ブレーキも変更した。

価格はルマンシリーズ・リミテッドエディションが2850万円、ロングホイールベースが3380万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品