高い給料を払うよりは……トヨタがメキシコで整備士育成 | レスポンス(Response.jp)

高い給料を払うよりは……トヨタがメキシコで整備士育成

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタは5日、同社が主導となり、メキシコで初級レベルの自動車整備士の育成プログラムを実施するという方針を明らかにした。2002年後半からメキシコシティで育成のための実験プログラムを開始し、徐々に全地域へ拡大していくという。

これはメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)に加入することで、自動車の輸入制限が緩和されることを狙ったもの。販売拡大を行うためには車両整備士の存在も不可欠となるが、自社で整備士を育成することで、人件費の高騰が予想される既存整備士の獲得を避けるという考えもあるようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品