トヨタ車は高級じゃない…という戦略がアジアや南米で始まる!? | レスポンス(Response.jp)

トヨタ車は高級じゃない…という戦略がアジアや南米で始まる!?

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタは4日、アジアや南米など10カ国で販売する戦略車「IMV(Improvement Multiple Vehicle:改良型国際多目的車)」を開発。2004年から生産を開始するという方針を明らかにした。既存のSUVより機能を簡素化し、低価格で販売することに主眼を置いている。

IMVは2.0〜3.0リットルクラスのエンジンを搭載する。SUVやピックアップなど、仕向け地の事情やニーズに合わせた多種多様なラインナップが用意される。現在、同様のコンセプトで販売されている『4ランナー』(日本名『ハイラックス』)より低価格化し、トヨタ車=高級としてイメージが定着し、一般層への販売が低迷しているアジア圏、南米地域での普及を目指す。

エンジンや車体パネルなどのパーツは全て仕様を統一し、販売国で全量を生産することでコストを大幅に低下させ、豪華装備を省くことで最高でも150万円台の価格となる。4ランナーと比較して、100万円程度安くなるケースもあるという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品