【ホンダF1ストーキング】BARの訴えは却下 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】BARの訴えは却下

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

オーストリアGPでザウバ−のキミ・ライコネンがイエローフラッグ中にオリビエ・パニスをオーバーテイクしたとBARが訴え出た件で、パリのインターナショナル・コート・オブ・アピールはBAR側の訴えを却下した。

関係各所から事情聴取や書類の提出を受け検討した結果、裁判所はオーストリアGPのスチュワードの判断を支持、これによりオーストリアGPでのライコネン4位、オリビエ・パニスの5位が確定した。

主張が認められなかったBARのクレイグ・ポラック代表は「残念な結果ではあったが、もちろん裁判所の判決は受け入れる。我々の目標は、イエローフラッグが振られている時にドライバーは安全という観点から、何をすることが許されているのかをはっきりさせることにあった」とコメントした。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品