フォードとファイアストン、中傷合戦のウラで | レスポンス(Response.jp)

フォードとファイアストン、中傷合戦のウラで

モータースポーツ/エンタメ 出版物

『週刊東洋経済』6月9日号
税込み価格:570円 発行:東洋経済新報社

「新・売れる商品BEST100」/「22億ドルを日本に注ぐ異色外資の正体に迫る」/「東京めたりっく経済危機。創業者はいつも経営者不在のつけ」/「“ドン”退任で今度はいすゞも本気?」/「入門ピーター・ドラッガー8つの顔」/「本当は共闘したい!?フォードとFSの苦悩」……(目次より)

『週刊東洋経済』6月9日号には自動車関係の記事がいくつか。「新・売れる商品BEST100」の自動車関連最上位は44位、クルマそのものは自然解凍お弁当おかずと並んで51位だ。記事ではトヨタの商品企画は定番の破壊の連続だったと評価する。

「“ドン”退任で今度はいすゞも本気?」は見出しとは逆に不安を指摘する。「本当は共闘したい!?フォードとFSの苦悩」は、事故原因をめぐって対立しているフォードとFS(ファイアストン)が、消費者からの訴訟におびえているという話し。
《》

特集

おすすめの商品