プロドライブがティックフォード吸収合併、ロータスのライバルだ! | レスポンス(Response.jp)

プロドライブがティックフォード吸収合併、ロータスのライバルだ!

自動車 ビジネス 企業動向

イギリスの大手チューナーで、事実上スバルのWRC活動を代行しているプロドライブが、同じイギリスに本拠を置く技術開発会社ティックフォードを買収、傘下に収めた。これでロータスに匹敵する規模の技術開発会社が新たに誕生した。

新生ティックフォードの初仕事は、ローバー『75』サルーンをベースにしたMG『ZT』の、そのまたホットモデルの「アルティメイト」と「エクストリーム」仕様の開発・生産である。いずれも後輪駆動で、フォード『マスタング』のV8をチューンして搭載する予定だ。

ティックフォードはすでにフォード『レーシング・ピューマ』の生産で実績があり、生産能力は約12台/週という規模。プロドライブ・グループの活動は大きく二分され、プロドライブがモータースポーツ活動、ティックフォードがその他(ロードカーなど)の開発を担当する。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品