BMWが水素自動車を公開、日本初の走行試験 | レスポンス(Response.jp)

BMWが水素自動車を公開、日本初の走行試験

エコカー 燃費

BMWジャパンは31日、茨城県つくば市の日本自動車研究所で、液化水素を燃料とするバイフューエル車、BMW『750hL』を公開し、マスコミ関係者向けの試乗会を行った。これは世界主要都市で水素自動車の展示を行う「BMWクリーンエネルギーワールドツアー2001」の一環で、同車の展示はこれまでにも行われているが、国内で走行実験を行うのは今回が初めてとなる。

750hLは、同社の大型セダン『750iL』をベースに、容量140リットルの液化水素燃料タンクを搭載し、水素を燃料にした走行をするための小改良を施したクルマ。バイフューエルというだけあり、水素燃料が切れた場合にはガソリンを燃料にした走行もできる。水素燃料使用時の最高出力は204馬力で、ガソリン使用時の326馬力には劣るが、最高速度は225km/hとなっている。

ドイツ国内ではミュンヘン近郊ですでに使用されており、BMWでは「燃料電池車より実用性が高い」としているが、水素燃料のインフラ整備の問題が常に付きまとっており、これがすんなりと導入するにはまだまだ高いハードルが存在しているのが現状だ。

今後は国内各地で走行実験を行う予定で、東京では2度の展示会も予定されている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品